ニキビって青春のシンボル?

ニキビって青春のシンボル?

にきびは中学や高校生の思春期にできやすいため、「青春のシンボル」などと呼ばれることもあります。

顔の目立つ部分に赤みが出たり、痛みやかゆみなどの違和感を伴うこともあるため、いくら青春のシンボルとは言え、真剣に悩んでいる人も多いと思います。


では、どうしてこの時期ににきびができやすいのでしょうか。


それは、思春期には性ホルモンのバランスが急激に変化して、男性ホルモンのアンドロゲンが活発に働き、皮脂の分泌を盛んにさせてしまうからです。
このアンドロゲンは、男性ホルモンと言っても、女性の体内にも、もともと存在するものです。

皮脂腺でつくられた皮脂は、毛穴という出口を通り皮膚の表面に広がっていくのが本来なのですが、あまりに分泌量が多いと排出しきれず毛穴の中にたまってしまいます。

それと同じくして不要な角質と皮脂が混ざり合って毛穴にふた(角栓)を作ってしまうこともあります。
角栓と呼ばれるこのふたができてしまうと、出口を失った皮脂がどんどん毛穴の中にたまり、やがてそれがにきびとなるのです。

若い頃ににきびができるのは仕方のないこと、と放置するのではなく、原因を知って対策をすることで、後々にきび跡に悩まされることも減ってくるのではないでしょうか。

また、青春のシンボルに対して二十歳を過ぎてからのにきびは「吹き出物」と呼ばれて別の扱いを受けてしまうこともありますが、十代でも二十代でも、にきびは皮膚の病気であることに違いはありません。
最近では三十代、四十代にできる「大人にきび」に悩まされて皮膚科を訪れる人も増えているそうです。

もはや、にきびは青春のシンボルではなく、どの年代にも現れる可能性のある皮膚の病気となっているのが現状のようですね。

【★送料無料】プロアクティブでニキビケアはじめよう!

Proactiv!

ニキビって青春のシンボル?関連ページ

にきび発生の原因
にきびが急にできる原因を特定するのは良くなるときも悪化するときもあるので、容易ではありません。理由はわかっていませんが、にきびは冬に悪化し、夏には好転する傾向がみられます。にきびと特定の食べものや性行為の間には関連性は無いようです。
主なニキビの種類
ローションはお肌の新陳代謝を整えるようにつくられていて、水溶性コラーゲンエッセンスで通気性のよい皮膜をつくってお肌を外的刺激や汚れから守り、肌質をじょじょに変えていきます
乾燥肌ニキビ(角質型ニキビ)とは
乾燥肌によってできる角質型ニキビを改善するには、当然お肌を清潔にすることは必要ですが、化粧水等でお肌(角質層)にたっぷりと水分を与えて、潤いのある素肌を保つことがとても大切です
20歳以上のニキビは「吹き出物」?
成人型ニキビのできる原因としては食生活や消化器系の状態、睡眠不足やストレス、ホルモンバランス、スキンケアの方法や使用している化粧品の種類などの様々な要因が絡み合っていると思われます。
白ニキビと黒ニキビ
ニキビと聞くと、皮膚の上に赤くふくれ上がった湿疹を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 実際にニキビで悩んでいる人は、そのように炎症を起こしているニキビが発症しているケースがほとんどだと思います。
ニキビと毛穴のあれこれ
毛穴が詰まってそこに脂がたまってしまった状態をに「きびと」と言います。 白にきびや黒にきび、赤にきびなどと呼ばれその症状により、対処法もさまざまです。