白ニキビと黒ニキビ

白ニキビと黒ニキビ

ニキビと聞くと、皮膚の上に赤くふくれ上がった湿疹を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
実際にニキビで悩んでいる人は、そのように炎症を起こしているニキビが発症しているケースがほとんどだと思います。

でも、ニキビにはいくつかの種類があり、症状もまちまちです。
また軽度いものから重度のものまであります。

ここではまだ炎症を起こしていないニキビである「白ニキビ」と「黒ニキビ」について説明しようと思います。
まず「白ニキビ」からですが、これは毛穴にコメドができて、たまった皮脂が透けて見えている状態を言います。
コメドとは、角栓が毛穴に詰まって皮脂の出口がふさがれてしまった状態を言い、小さくぶつぶつして見えます。

毛穴の周辺で角質層が厚くなり(角化)、毛穴に角質が詰まってしまい、これが皮脂と混ざって脂のかたまりのような栓になってしまいます。


次は「黒ニキビ」ですが、これは皮脂が空気に触れることによって酸化し、ほこりや汚れなどを吸着して毛穴の表面が黒く見えるものです。
黒ニキビは鼻の頭や頬に目立ってできることが多いようです。

まだこの段階では白ニキビも黒ニキビも、炎症を起こしていないので、早めにケアすることで炎症を伴う赤ニキビへの進行を防ぐことができます。

また、そのまま自然に治ってしまう場合もありますが、アクネ菌が毛穴にたまった皮脂を栄養にして繁殖してニキビを悪化させることもあるため、軽視してはいけません。
きちんとしたスキンケアをこころがけ、ニキビが進行して悪化するのを未然に防ぎましょう。

白ニキビと黒ニキビ関連ページ

にきび発生の原因
にきびが急にできる原因を特定するのは良くなるときも悪化するときもあるので、容易ではありません。理由はわかっていませんが、にきびは冬に悪化し、夏には好転する傾向がみられます。にきびと特定の食べものや性行為の間には関連性は無いようです。
主なニキビの種類
ローションはお肌の新陳代謝を整えるようにつくられていて、水溶性コラーゲンエッセンスで通気性のよい皮膜をつくってお肌を外的刺激や汚れから守り、肌質をじょじょに変えていきます
乾燥肌ニキビ(角質型ニキビ)とは
乾燥肌によってできる角質型ニキビを改善するには、当然お肌を清潔にすることは必要ですが、化粧水等でお肌(角質層)にたっぷりと水分を与えて、潤いのある素肌を保つことがとても大切です
20歳以上のニキビは「吹き出物」?
成人型ニキビのできる原因としては食生活や消化器系の状態、睡眠不足やストレス、ホルモンバランス、スキンケアの方法や使用している化粧品の種類などの様々な要因が絡み合っていると思われます。
ニキビって青春のシンボル?
顔の目立つ部分に赤みが出たり、痛みやかゆみなどの違和感を伴うこともあるため、いくら青春のシンボルとは言え、真剣に悩んでいる人も多いと思います。
ニキビと毛穴のあれこれ
毛穴が詰まってそこに脂がたまってしまった状態をに「きびと」と言います。 白にきびや黒にきび、赤にきびなどと呼ばれその症状により、対処法もさまざまです。