SPF値ってなに?

SPF値ってなに?

やっと、9月になりましたが、日焼けするだけの紫外線量がまだまだ十分にあります。

SPF値って聞いたことがあるでしょうか?


1.SPF値が高いと紫外線カット力も高くなるの?

SPF値とは、紫外線B波を遮る効果の度合いを示しています。お肌が赤くなる日焼けが始まる時間を、日焼け止めをつけることで、何倍に延ばすことができるかを数字で示しています。

平均的な日本人の場合、真夏の午後の日差しで、平均20分ほどでお肌が赤くなり始めるといわれています。

SPF15の日焼け止めを使うと20分×15=5時間、すなわち5時間効果が持続するということです。

SPF値が高いと、より長い時間紫外線をカットできるということであって、紫外線をより多くカットするということではありませんのでご注意ください。



2.日焼け止めの落としやすさ

一般的に日焼け止めのSPF値が高いと粘性が増し伸びが悪く、何度も洗顔しないとお肌に残りやすくなり、それだけお肌にかかる負担も大きくなってしまいます。

日焼け止めのSPF値と落ちにくさは比例し、SPF値の大きいものはお肌がかさついたり、お肌に残ったり、クレンジングやメイク落としでお肌を傷つけてニキビの原因になったりといったトラブルを引き起こしやすくなります。

SPF50+、PA+++の物を使いつづけて、お肌が乾燥してきたという話はとてもよく耳にします。



3.たくさんつけたほうが効果があるの?

日焼け止めをたくさんつけたからといっても化粧崩れと同じように、時間が経つと皮脂や汗で流れたり、ムラになったりします。

ですので、SPF値が高いものよりも、SPF15〜30前後のものを2〜3時間おきに塗り直したほうが効果的だと思います。使用方法に従い、適量をご利用ください。

また、それくらいのものでしたらクレンジングを使用せずとも、弱アルカリ性の洗顔料でダブル洗顔すればじゅうぶん落とせます。


4.子供の紫外線対策 

紫外線対策は子供の頃からしっかり行っておきましょう。
驚いたのは、海水浴、プール、クラブ活動などにより生まれてから十代後半までに一生涯で浴びるであろう紫外線の半分以上の量を浴びているともいわれています。

紫外線の浴びすぎはお肌の状態に影響があるだけでなく、身体の発育にも大きな影響があるそうです。

以前は母子手帳に日光浴をしましょうという記載があったのですが、紫外線による様々な影響が問題となっているため1998年以降削除されているほどです。

大人に比べると子供はお肌もデリケートなので、旧厚生省表示指定成分等、最低限お肌に負担が大きいと思われる成分が入っていないものを選ぶことも大切です。


日焼けはお肌やニキビに大敵です。冬でも日焼けするのに十分の紫外線量があります。美肌を保つためにも一年中紫外線対策をしっかり行いましょう。

【★送料無料】プロアクティブでニキビケアはじめよう!

Proactiv!

SPF値ってなに?関連ページ

春です!心もお肌もリフレッシュ!
皮脂の分泌が活発な所には、汚れがつきやすく、雑菌は繁殖してニキビの原因にもなります。皮膚を清潔に保つことはスキンケアの基本ですが、脱脂力の強い洗顔料や汚れの落ちにくい弱酸性の 洗顔料はやめましょう。
春の気になる部分別のお肌ケア(vol.2)
部分別にケアテクニックをお伝えしてきました。 ちょとしたお手入れの差が大きな肌環境の差となって現れます。 全部とはいきませんが、気になる部分について参考にしていただければ幸いです。
春の紫外線対策は大丈夫ですか?
夏場は紫外線対策をちゃんとしておかないといけないと誰もが思ってUVケアを行うことでしょう。 夏場は当然それでよいのですが、春の今頃の時期はどうなのでしょうか?
大人にきび
これからの季節、梅雨入りとともに徐々に気温も湿度も上がってきて日本独特の蒸し暑い環境となります。 蒸し暑い時期は特にニキビや吹き出物といったトラブルが発生しやすくなります。
毛穴ニキビを予防する
これからの季節、汗をかくことが多くなり、お肌もべたべたしやすくなってきますが、ニキビや吹き出物ができて赤くはれたり、痛みをともなったり、膿みをもってしまったり・・・
Tゾーンのオイリー対策
根本的な解決にはそれなりの時間が必要ですが、睡眠や食生活など日常生活にも気をつけながらお肌に負担をかけない洗顔を心がけ、オイルフリーの化粧品でやさしいスキンケアを続けて頂くのが最も好ましいと思います。
お肌のテカリ!気にならない?
ニキビや吹き出物ができていなくても、鼻のサキッちょをチェックしたら、「黒ずみがいっぱい!!」「毛穴が目立つ!」というあなた。それは、かなり良くない状態ですよ!
曇り空と紫外線と美白
毎日のスキンケアでその日のダメージはその日のうちに取り去っておくことがお肌の負担を軽くしイキイキとしたキレイな素肌を保つために必要なことですね
秋の紫外線は油断大敵!
秋も深まりだんだんお肌が乾燥するシーズンになってきますが、毎日トラブルなくやさしいお手入れできてますでしょうか? 夏が終わり、秋本番になりつつある今。 この時期は特にスキンケアを怠るとたいへんなことになりますので注意が必要です!
冬にきび(角質型にきび)
今年は例年になく暖冬ですが、最近やっと寒い日が訪れるようになりましたね。 この時期「にきび」でお悩みの方も多いのではないでしょうか。