ニキビ痕を改善させる方法

ニキビ痕を改善させる方法

「にきび痕」は、ニキビで悩んでいた人が治ったと思って喜んでいる矢先に次の悩みの種としてやってくる新たな悩みになります。

一口にニキビ跡と言っても様々な種類があり、ケロイド状やクレーターのように肌の表面が凸凹になって痕として残っているものから、赤みや茶色っぽいシミのようなものが痕として残っているものなど色々とあります。

シミや赤みなど色素沈着によるにきび痕については皮膚科の受診・治療によって改善されていくものが多いようです。

残念ですが、凸凹状になってしまったにきび痕については、完治させることは難しいとされています。しかしまだ落ち込む必要はありません。完治は無理でも目立たなくさせる治療法は有りますので、ぜひそれらの方法で治療してみるのがいいのではないでしょうか???

治療方法としては物理的な治療法と科学的な治療方法がありますので以下に説明してみたいと思います。

まずは物理的な方法からです。
物理的な治療方法としては、肌の凸凹になっている部分にレーザーを使って削ったりぼかしたりして目立たなくしていくという治療方法になります。

続いて科学的な方法としては、
凸凹状になってしまったにきび痕と言うのは皮膚の真皮層にあるコラーゲンが破壊されたことにより起こるため、コラーゲンを補ってあげる必要があります。ですから科学的な治療方法でコラーゲンの生成を促進させることで肌のハリを回復させ肌の内側から状態を改善していく方法になります。

実際の方法としてはビタミンAやCを誘導体として治療する方法やケミカルピーリングなどがあります。

こういった方法がありますので、あなた自身のにきび痕に合った治療方法を選ぶようにしましょう。

ニキビ痕を改善させる方法関連ページ

にきび・にきび跡のケア、佐伯チズ式
「大人にきび」を防ぐために、週に1度はスクラブ洗顔で古い角質を取り去り、リンパマッサージをして「毒」抜きをしましょう。不規則な生活によって代謝が鈍る事で老廃物が肌に溜まりやすくなり、「大人にきび」が出来やすくなります。耳の後ろやあごの裏そして、鎖骨の上などを軽く指で押すだけのリンパマッサージで、にきびやむくみ、たるみをも予防してくれるので、気がついた時にいつでも実行してみて下さい。
にきび痕を残さないための予防策
できてしまったニキビを適切な処置をしなかったためににきび痕になってしまうケースが多いので、元となるにきび自体をきちんと予防することから始めてみるのがいいと思います。
にきび痕の状態とは
ニキビと一言で言っても何種類かの状態があり、悪化させてしまうとその症状もどんどん重症になっていきます。その結果としてニキビ痕となってしまう可能性もあるのです。
思春期のにきび痕と大人のにきび痕
一口に「ニキビ」という呼び方でも、大人にできるにきびと思春期の頃にできるにきびは違うものであると言えます。それはにきびができる原因というのが違うからです。したがって治し方もそれぞれ違ってくると思います。
にきび痕を残さないようにしよう!
にきび痕が残らないようにするためには、にきびが出始めのときの白にきびや黒にきびの内に早めに治すということが大切となりますので心がけておきましょう。
レーザーでにきび痕を治療する!
レーザー治療法の長所とはどういったものでしょうか。その他のにきび痕の治療にはケミカルピーリングという治療法もありますが、それが出来ないような敏感肌の方にも対応が可能だと言うことです。
にきび跡の種類と予防策
にきび跡はできてしまうと自然治癒が難しかったり、なかなか治療しても治らなかったりします。 かといって、化粧などでにきび跡を隠したりするのにも、限界があると思います。
にきび痕の色素沈着
「にきび痕」とは、当然のことながら、にきびが治った後に出来る可能性があります。 単に、にきび痕と言っても何種類か種類があるようです。 そんな中で色素沈着してしまう「にきび痕」について解説してみましょう。
にきび痕を残さないための肌改善法
大人になってからのにきびと言うのは出来ないに越した事が無いのですが、もし出来てしまったら改善していくようにしないとはいけません。
にきび痕の種類(1)
赤みが残ってしまった場合には外を歩くときなど紫外線に注意するようにしなければなりません。 紫外線というのは炎症を促進させてしまう効果がありますので、治りが遅くなってしまいます。