にきび発生の原因

にきび発生の原因

にきびは男女を問わず顔や胴体の上半身の皮膚にできる吹き出もので、10代後半から30代前半の方に多くみられます。にきびは、ホルモンと皮脂、細菌の相互作用によって毛包が炎症を起こすことでできます。にきびがよくできる部位は、顔、胸の上部、肩、背中で、吹き出ものと嚢胞(のうほう)が特徴です。膿瘍(のうよう)ができることもあります。嚢胞と膿瘍は、いずれも内部に膿がたまったくぼみのことなのですが、嚢胞よりも膿瘍の方が大きくて深さもあります。

にきびは思春期によくできます。思春期にはホルモン、特にテストステロンなどの男性ホルモンの濃度が増加して脂腺が刺激され、皮脂の分泌量が多くなるためです。20代前半から半ばにかけてホルモンの産生が安定すると、通常はにきびも消えます。ホルモン量が変化するその他の状態でも、にきびができることがあります。若い女性の場合、月経の周期に伴ってにきびができたり消えたりしますし、また妊娠中に悪化することもあります。一部の薬品、特にタンパク同化ステロイド薬やコルチコステロイドは脂腺を刺激し、にきびができる原因になります。化粧品の使用も毛穴を詰まらせてしまい、にきびを悪化させる場合があるようです。

にきびは、毛穴に乾いた皮脂や死んだ皮膚細胞、細菌などが詰まってしまい、皮脂が毛穴から外に出られなくなることによってできます。毛穴が完全にはふさがっていなければ黒にきび(開放面皰[かいほうめんぽう])ができ、完全にふさがっている場合は白にきび(閉鎖面皰)ができます。アクネ桿菌(かんきん)は健康な人の毛包内にも生息している細菌ですが、毛穴に皮脂が詰まってふさがると、この細菌の過剰な増殖を招きます。この細菌は皮脂を分解し、皮膚に刺激を与える物質を生じます。その結果生じる炎症と感染が、吹き出もの、すなわちにきびを引き起こします。

にきびの程度や状態はさまざまで、にきびが急にできる原因を特定するのは良くなるときも悪化するときもあるので、容易ではありません。理由はわかっていませんが、にきびは冬に悪化し、夏には好転する傾向がみられます。にきびと特定の食べものや性行為の間には関連性は無いようです。


【★送料無料】プロアクティブでニキビケアはじめよう!

Proactiv!

にきび発生の原因関連ページ

主なニキビの種類
ローションはお肌の新陳代謝を整えるようにつくられていて、水溶性コラーゲンエッセンスで通気性のよい皮膜をつくってお肌を外的刺激や汚れから守り、肌質をじょじょに変えていきます
乾燥肌ニキビ(角質型ニキビ)とは
乾燥肌によってできる角質型ニキビを改善するには、当然お肌を清潔にすることは必要ですが、化粧水等でお肌(角質層)にたっぷりと水分を与えて、潤いのある素肌を保つことがとても大切です
20歳以上のニキビは「吹き出物」?
成人型ニキビのできる原因としては食生活や消化器系の状態、睡眠不足やストレス、ホルモンバランス、スキンケアの方法や使用している化粧品の種類などの様々な要因が絡み合っていると思われます。
ニキビって青春のシンボル?
顔の目立つ部分に赤みが出たり、痛みやかゆみなどの違和感を伴うこともあるため、いくら青春のシンボルとは言え、真剣に悩んでいる人も多いと思います。
白ニキビと黒ニキビ
ニキビと聞くと、皮膚の上に赤くふくれ上がった湿疹を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 実際にニキビで悩んでいる人は、そのように炎症を起こしているニキビが発症しているケースがほとんどだと思います。
ニキビと毛穴のあれこれ
毛穴が詰まってそこに脂がたまってしまった状態をに「きびと」と言います。 白にきびや黒にきび、赤にきびなどと呼ばれその症状により、対処法もさまざまです。