あなたが使っているにきびケア化粧品は本当に合っていますか?

あなたが使っているにきびケア化粧品は本当に合っていますか?

今、あなたが使っている様々な化粧品類の成分には何が入っているかご存知でしょうか。

多分、殆どの方が化粧品に含まれている成分を意識する事なく、化粧品メーカーのイメージや化粧品自体の効果だけで選んでいるのではないでしょうか。

仮に成分について聞いてみたとしても、成分の名前なんて聞いた事が無いし、その成分がどんな目的で配合されているのかも分からないので、結局さっぱり分からないと言うのが正直なところでしょう。

実際に化粧品売場のカウンターで直接美容部員と相談したとしても、その化粧品の使い方や効果については教えてくれると思いますが、化粧品の中に何が含まれているのか、その成分は肌にとってどんな働きをしてくれるのかまでは教えてはくれません。

例えば、乾燥肌なのににきびが出来やすいとか、化粧品を変えてみたら肌荒れを起こす様になったとか、ずっと使っている化粧品なのに何故か最近になってにきびが出来てくるようになったとかはありませんか。

化粧品は肌に直接つける物なので、化粧品に入っている成分が肌や体質に合わないと肌や体が拒絶反応を起こしてしまう事があります。
もしニキビや肌荒れが起こってしまったら、化粧品が自分に合っているかどうかを確認して、酷いようなら専門の皮膚科に行ってお医者様に見てもらう様にすると良いでしょう。

専門医に相談する事で、本当に自分に合う化粧品がどういう物かが分かってくると思います。

あなたが使っているにきびケア化粧品は本当に合っていますか?関連ページ

大人ニキビ対策を佐伯チズコットンで
ここ数年間大人ニキビに悩まされる日々が続いています。しかし、このコットンパックをしっかりと実行して美肌をめざしたいとおもいます。テレビに佐伯チズさんが出演していた時に、コットンパックは大人ニキビにも効果的とおしゃっていたのが購入のきっかけになりました。そして使用して最初に感じたのが「佐伯チズさんの考案したコットンパックは物凄く良い!」でした。コットンに化粧水を含ませるだけの簡単な方法で本当に美肌になる事が出来ました。
にきびやにきび跡にも効くプラセンタ
思春期の頃に欠かせない悩みがにきびですが、そのにきびが治らず、あげくにきび跡が残って悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ニキビが出来てしまうとそれ自体嫌な気分になりますが、それ以上に心配されるのが、ニキビを悪化させてしまい、皮膚陥没などの跡を残してしまって、さらに悩んでしまう人もいると思います。ニキビの炎症が進んでしまうと、雑菌などが信じられない勢いで繁殖するようになります。
ニキビ跡のケア
何年も前の瘢痕の場合、ケアで 治らないこともあります。 凹んだ皮膚にブルーピールやレーザーで ダメージを与えて、盛り上げるという美容外科的処置もあるようですが、それも大きさによります。
にきびと肌荒れについて
洗顔をし過ぎると必要な皮脂まで洗い流してしまい顔の表面に皮脂が不足します。 不足した皮脂を補おうと体は考えますので今度は逆に皮脂が活発に分泌され、にきびの原因になります。
ニキビケアお勧めのアイテム
ウオッシングパウダーの話を友人から聞いて、「これだ!」とすぐに使ってみました。ワクワクして使ってみたら、もう期待以上。たっぷりの泡が後から後から出てきて、しかも、細かい泡がしっかりしていて、頬にたっぷりのせた泡を上から押さえたら、ほっぺたがボヨヨンボヨヨンと押さえられちゃうんです。
弱酸性洗顔料の落とし穴
弱酸性の洗顔料ではしっかりと汚れを落しきれず、洗浄成分がお肌の表面に残ってしまいます。これでは、かえってニキビや吹き出物や様々なトラブルに発展してしまうことになりかねません。
春先からのにきび対策
体調や栄養バランス、睡眠不足などお肌は疲れ気味です。疲れたお肌が元気を取り戻すようにやさしいスキンケアをして、お肌を休めて疲れをとってあげましょう。
フェイスラインと首まわりのニキビ
食生活では根菜類や緑黄色野菜などを多く取るようにこころがけて、インスタント食品やスナック菓子などはなるべく取らないようにして下さい。アルコールや糖分は体内で中性脂肪に変化して、摂り過ぎると皮脂の過剰分泌の原因になりますのでご注意ください。
冬場のニキビ・毛穴の黒ずみ対策
トラブルが出る前に早め早めに丁寧なスキンケアをしていけば潤いのあるすべすべ素肌へつながります。毎日コツコツとお肌に負担をかけないやさしいスキンケアを続け、過酷な冬を乗り切るようにしましょう。
冬場のニキビケア(冬の洗顔法)
冬の乾燥肌に関する情報は結構見つかりますが、冬場のオイリー肌(脂性肌)についての情報は意外と少ないと思います。健康管理もそうですが、冬場のニキビ対策やお肌管理にも気を使いたいものです。
春のニキビ対策はこれです!
春は急激な気温の変化や生活リズムの変化などにより、ホルモンバランスが乱れます。 ホルモンバランスの乱れは、ニキビやシミが出来る原因と密接な関係があります。
春の気になる部分別のお肌ケア(vol.1)
顔の部位によってお肌の状態は異なり、これが普通です。 同じ化粧品でもさっぱりタイプとかしっとりタイプなど種類がわけられているものもありますが、このように部位によっても状態は変わりますし、季節やその日の状態などによっても変わります。
大人にきびの対策
洗顔では弱酸性のものが増えていますが、洗顔料がお肌に残ることでにきびにつながっているというケースもあるようです。弱酸性は欧米の化粧品メーカーの考え方です。
にきびって感染するの?
アクネ菌とは誰でも持っている常在菌なのですが、にきびの炎症と深くかかわっていて、角栓のできた毛穴のなかで皮脂を栄養にして繁殖し続け、ますますにきびを悪化させるというやっかいな菌でもあるのです。
にきび対策 洗顔と保湿
大人にきびに悩む人も、思春期のにきびに悩む人も、はやくにきびとさよならしたいという思いは共通していることだと思います。 にきび対策の基本は、毛穴をつまらせないこと、そして皮膚を刺激しないことです。
夏のニキビケアのポイントはこれ!
紫外線が強くて日差しがとても強く感じられる梅雨の中休み、もう夏本番って感じですね。 そこで今回は、夏のニキビケアのポイントについていくつかお伝えしようと思います。
ニキビ対策 刺激を避ける
若いときにニキビができるのは仕方ないかな〜と、とあきらめている十代、二十代の人、こんな時期にニキビができて…と大人ニキビに悩む三十代、四十代の人、どの程度のニキビであれ、なにかしら自分でできるケアはしたほうがいいでしょう。
ニキビと生理の関係
多くの女性が経験する「生理中の不快な症状」には、頭痛やイライラ、肌荒れなどさまざまな症状があるようです。 毎月生理がくるとにきびができる、毎回それの繰り返し、という人もいるのではないでしょうか。
にきびと似ている毛穴の病気
「セルフスキンケアをちゃんとしているのに、にきびが全くよくならない…」そんな発疹があったら、もしかしたらそれはにきびではなく、別の病気かもしれません。
クレーター状のニキビ跡
にきび跡には皮膚表面がぼこぼことしたオレンジのような肌や、クレーター状に陥没してしまった肌、また茶色く色素沈着してしまった肌、などがあります。 どれもにきびができたときに、間違ったセルフケアを続けてしまったか、処置をせず放っておいた場合にできることが多いようです。
寝不足とにきびの関係
ニキビを悪化させてしまうとにきび痕となって残ってしまい、きれいに治すことが難しくなっていきますので、にきびができたときには適切な対処をしたり、にきびが出来ないような予防をしたりすることが一番大切なのです。
ニキビの芯
ニキビを潰すと出てくるのが、毛穴に詰まった皮脂が固まったニキビの芯。
にきびの芯は、皮脂分泌が過剰になったり、古い角質が毛穴に溜まったりした場合にできやすいと言われています。
冬にきび(角質型にきび)対策
皮脂を分泌が無くなった訳ではないので、分泌された皮脂が開きにくい毛穴から出る事ができずに詰まってしまいニキビになってしまうと言うこともあります。
ニキビと吹き出物対策の洗顔
冬とはいえ寒暖の差が激しいせいか、ニキビ、シミ、くすみなどの肌トラブルが多くなっています。 ニキビや吹き出物では特に洗顔の方法を変えるだけで比較的に効果がある場合があります。
にきび痕のような肌トラブル
にきびが出来てしまい、治療を続けても次から次へと出てきてしまうにきび・・・。 にきびが出来てしまった数の分、色素沈着してしまったり、にきびの痕が出来てしまったりして困っていませんか。
あごにできたニキビ
体の色んなところにできるニキビですが、あごにできたニキビで悩んでいる人も多いと思います。 毛穴がたくさんあるあごには、他の場所よりニキビができやすいと言われています。
ストレスマネージメントでニキビ予防
大人のにきびには、さまざまな原因が考えられますが毛穴の詰まり以外にも、アドレナリンの急上昇により男性ホルモンのアンドロゲンが過剰分泌となり肌がオイリーに傾くことでできる、いわゆるストレス性のにきびが多くあります。
ニキビができた時のメイク法
もしニキビができたら、化粧はなるべく控えた方がいいといわれています。 長時間化粧をしていると、ニキビは悪化することはあっても改善することはありません。
初期段階のニキビ予防
ニキビができてしまってからでは、症状を悪化させないためのニキビケアをしてもなかなか綺麗に治ってはくれません。 初期段階でのニキビ予防やニキビを作らないためのニキビケアがとても重要になってきます。
紫外線のニキビへの影響
紫外線は、ギラギラと陽射しが照りつける真夏に限らず、日々の生活の中で肌をじわじわと責め続けます。 紫外線は、そばかすなどの色素沈着、日焼けによるしみ、そして皮膚がんの原因の一つにもなっていると言われています。
睡眠中のニキビケア
睡眠中のニキビケアとして最も大切なのは、肌に直接触れるものは清潔にしておくと言うことです。 寝ている間、肌に触れる可能性があるものは布団やパジャマです。 中でも枕は顔が直接触れるものなので、顔ニキビの原因になります。