主なニキビの種類

主なニキビの種類

まず最初に、赤いにきびがどうしてできるのでしょうか?

様々な原因が考えられますが、思春期の頃から皮脂腺が急激に大きくなったり、各種ストレスによってホルモンのバランスが崩れ皮脂の分泌が増えることによって毛穴がつまります。

と、このあたりまではよく知られていることですが、実は皮脂のつまりだけでは炎症は起こらないのです。にきび菌の代表であるアクネ菌が繁殖してはじめて炎症を起こすのです。

アクネ菌の代謝物によって炎症やアレルギー反応を引き起こしたのが赤いニキビの正体です。

いま、赤いニキビと表現したのには訳があります。
実は、ニキビには種類があります。その種類とは、

(1)黒ニキビ(黒にきび)
  鼻によくできるニキビです。白ニキビといっしょで毛穴に古い角質や皮脂
  が詰まっているため、盛り上がって見えます。黒ニキビは毛穴が開いてい
  て、詰まっている角質と皮脂が外から黒く見えます。

(2)白ニキビ(白にきび)
  毛穴に古い角質や皮脂が詰まっているため、盛り上がって見えます。
  白ニキビは表面が普通の皮膚の色と変わらないため毛穴がよく見えません

(3)赤ニキビ(赤にきび)
  白ニキビや黒ニキビがアクネ菌によってアレルギー反応を起こし炎症を起
  こすと赤くただれて、赤ニキビになります。

以上の3種類があります。


黒ニキビと白ニキビは、洗顔でうまく取っていけば、赤ニキビにはなりません。
また、白ニキビや黒ニキビが出るのは古い皮脂や汚れがうまくとれていないのです。頬の外側、鼻や小鼻の周りの状態はどうですか?
そのあたりも気を使って洗わないと汚れが残ってトラブルの原因になりますので注意してください。

ところで、問題になるのは、黒ニキビです。
黒ニキビは、金属が酸化すると黒くなるように皮脂腺から出た皮脂が酸化して黒くなっている状態です。黒ニキビは皮脂が黒くなって見えてしまうので、取ろうとする方が多いんですが、無理矢理取ってはいけません。無理矢理取ると痕になったり毛穴が開いたままになってしまいます。

では一体どうしたらいいのでしょうか?

ニキビ対策の基本はなんといってもやはり洗顔です。やさしい洗顔でゆっくり治していくことが大切です。
黒ニキビでお悩みの方は洗顔方法をもう一度見直してみてください。

特に、洗顔の方法には注意してください。ゴシゴシ洗いはいけません。ニキビを刺激して余計なトラブルへつながります。アルカリ洗顔でなで洗いするだけで充分毛穴の汚れまで落ちていきます。

ただ、洗顔のしすぎはいけません。肌に余分な刺激を与えますので1日3回までにしておきましょう。(おすすめは朝、帰宅時、就寝前です)

それから、アブラ取り紙やパックは刺激が強すぎるのでやめておきましょう。無理矢理取るとさらに皮脂腺が頑張って、皮脂が多くでてきてニキビができやすくなり逆効果になります。こういう方のためにレバティはやさしい泡でお肌に負担をかけないように汚れは落として、潤いは残します。

また、ローションはお肌の新陳代謝を整えるようにつくられていて、水溶性コラーゲンエッセンスで通気性のよい皮膜をつくってお肌を外的刺激や汚れから守り、肌質をじょじょに変えていきます。

ニキビでお悩みの方は正しいスキンケアをしていけばきっとお肌に希望が見えてきます。あきらめないでがんばってくださいね!

主なニキビの種類関連ページ

にきび発生の原因
にきびが急にできる原因を特定するのは良くなるときも悪化するときもあるので、容易ではありません。理由はわかっていませんが、にきびは冬に悪化し、夏には好転する傾向がみられます。にきびと特定の食べものや性行為の間には関連性は無いようです。
乾燥肌ニキビ(角質型ニキビ)とは
乾燥肌によってできる角質型ニキビを改善するには、当然お肌を清潔にすることは必要ですが、化粧水等でお肌(角質層)にたっぷりと水分を与えて、潤いのある素肌を保つことがとても大切です
20歳以上のニキビは「吹き出物」?
成人型ニキビのできる原因としては食生活や消化器系の状態、睡眠不足やストレス、ホルモンバランス、スキンケアの方法や使用している化粧品の種類などの様々な要因が絡み合っていると思われます。
ニキビって青春のシンボル?
顔の目立つ部分に赤みが出たり、痛みやかゆみなどの違和感を伴うこともあるため、いくら青春のシンボルとは言え、真剣に悩んでいる人も多いと思います。
白ニキビと黒ニキビ
ニキビと聞くと、皮膚の上に赤くふくれ上がった湿疹を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 実際にニキビで悩んでいる人は、そのように炎症を起こしているニキビが発症しているケースがほとんどだと思います。
ニキビと毛穴のあれこれ
毛穴が詰まってそこに脂がたまってしまった状態をに「きびと」と言います。 白にきびや黒にきび、赤にきびなどと呼ばれその症状により、対処法もさまざまです。