春の紫外線対策は大丈夫ですか?

春の紫外線対策は大丈夫ですか?

いろんなデータを見てみると、4月〜5月の紫外線総量(全国平均)はなんと真夏の量に匹敵しているのです。
気温が高くて蒸し暑い真夏はその陽射しの強さから体感的に紫外線も多いだろうと感じると思います。

したがって、夏場は紫外線対策をちゃんとしておかないといけないと誰もが思ってUVケアを行うことでしょう。
夏場は当然それでよいのですが、春の今頃の時期はどうなのでしょうか?

気温はそれ程高くなく、むしろ肌寒い日さえあります。また日差しもそんなに厳しいと感じないのではないでしょうか。紫外線もそんなに多いとは思えないのでは?

ところが、そこに落とし穴が存在しています!

冒頭で申し上げたとおり、すでに紫外線量は多くなっています。

ちなみに気象庁の紫外線情報によると関東以西の地域では日中の紫外線の強さは今すでに5段階中の3〜4で「強い」「非常に強い」というレベルにあります。

体感する陽射しの強さと紫外線量には差がありますので、しっかりと心に留めておかなければなりません。

すでに紫外線は強く、総量も多くなってきているので、もし紫外線対策を先送りにしているのでしたら、あなたのお肌は紫外線に対して無防備な状態ということになります。

これから夏に向けて紫外線はどんどん強さが増し、総量も増加していきます。

シミ・ソバカス・たるみ等々、老化現象を促進してしまうことは避けられません。

もし、まだ紫外線(UV)対策をはじめていない方は今すぐ始めてください!

真冬の日中の紫外線量も日焼けするには十分の量があります。

一年中紫外線対策を行っていることが望ましいと言えるでしょう。

春の紫外線対策は大丈夫ですか?関連ページ

春です!心もお肌もリフレッシュ!
皮脂の分泌が活発な所には、汚れがつきやすく、雑菌は繁殖してニキビの原因にもなります。皮膚を清潔に保つことはスキンケアの基本ですが、脱脂力の強い洗顔料や汚れの落ちにくい弱酸性の 洗顔料はやめましょう。
春の気になる部分別のお肌ケア(vol.2)
部分別にケアテクニックをお伝えしてきました。 ちょとしたお手入れの差が大きな肌環境の差となって現れます。 全部とはいきませんが、気になる部分について参考にしていただければ幸いです。
大人にきび
これからの季節、梅雨入りとともに徐々に気温も湿度も上がってきて日本独特の蒸し暑い環境となります。 蒸し暑い時期は特にニキビや吹き出物といったトラブルが発生しやすくなります。
毛穴ニキビを予防する
これからの季節、汗をかくことが多くなり、お肌もべたべたしやすくなってきますが、ニキビや吹き出物ができて赤くはれたり、痛みをともなったり、膿みをもってしまったり・・・
Tゾーンのオイリー対策
根本的な解決にはそれなりの時間が必要ですが、睡眠や食生活など日常生活にも気をつけながらお肌に負担をかけない洗顔を心がけ、オイルフリーの化粧品でやさしいスキンケアを続けて頂くのが最も好ましいと思います。
お肌のテカリ!気にならない?
ニキビや吹き出物ができていなくても、鼻のサキッちょをチェックしたら、「黒ずみがいっぱい!!」「毛穴が目立つ!」というあなた。それは、かなり良くない状態ですよ!
曇り空と紫外線と美白
毎日のスキンケアでその日のダメージはその日のうちに取り去っておくことがお肌の負担を軽くしイキイキとしたキレイな素肌を保つために必要なことですね
SPF値ってなに?
SPF値とは、紫外線B波を遮る効果の度合いを示しています。お肌が赤くなる日焼けが始まる時間を、日焼け止めをつけることで、何倍に延ばすことができるかを数字で示しています。
秋の紫外線は油断大敵!
秋も深まりだんだんお肌が乾燥するシーズンになってきますが、毎日トラブルなくやさしいお手入れできてますでしょうか? 夏が終わり、秋本番になりつつある今。 この時期は特にスキンケアを怠るとたいへんなことになりますので注意が必要です!
冬にきび(角質型にきび)
今年は例年になく暖冬ですが、最近やっと寒い日が訪れるようになりましたね。 この時期「にきび」でお悩みの方も多いのではないでしょうか。